柴犬リコ 保護されてから体の検査のために病院へ!

柴犬リコ 保護されてから体の検査のために病院へ!

これは、保護犬のリコが我が家族に来た頃の2015年3月の話です。

もし、飼い主が見つからなかったら、我が家族に向かい入れる予定のリコ。

[clink url=”profile/riko-deai”]

虐待をされてた様な短すぎる爪や、ガリガリの状態で、お座りやお手も教わってない様子。とても心配です。
それに、叩かれたりした経験もあったのでしょう。棒を見るとビクビクして逃げてしまいます。

向かい入れる6月まで待つより、まず健康状態か病気がないか検査をしてもらおうと思い、先に病院へ行く事にしました。

それに、痩せすぎるので食事も気になります。

それと、足にタコ?や傷跡などもあり、先生に相談させていただきました。

病院で先生に今までの経過をお話して状態を見ていただきました。

検査結果、健康状態に問題なし!良かったね~~!!

ただ、耳が炎症をおこしているのでお薬を頂きました。

ガリガリで体重も異常なほど少なく、爪が短すぎのとこは、先生もびっくりされていました。そして虐待されてる形跡がありますね。と言われました><

先生「きっと辛い思いしたんだろうね。可哀そうだったね。でも、よかったね。」
ってリコに声をかけてもらって。リコもちょっと嬉しそうにしています(^^

「痩せすぎなので、パピー(幼犬)用のエサを少しずつ与えて、7kgをまず目指しましょう!」
ということで、エサを購入しました!

足にあったのは、やはりタコだそうでずっと硬い同じ所で寝ていると、こういったタコができるみたいで気にしなくてよさそうでした。

後、リコの年齢が気になります。

私はリコはとっても小さいし、仕草が子犬のような感じがしたので、1歳(犬年齢で)にもなっていないんじゃないかな?って思っていました。

動物病院の先生なら、大体の年齢がわかるんじゃないかと思い聞いてみました。

すると、びっくり!!
「リコの骨格からみて4~5歳くらいじゃないでしょうか?」
ですって!!

リコちゃん、そんなに大人だったの??リキよりお姉さんだったんね~♪

何はともあれ、大きな病気になってなくてほっと一安心です(*^▽^*)

リコ 推定年齢4歳(人間年齢32才)女の子なので言われた年齢の若い方で!(^^)!