柴犬リコが本当の家族になりました!

柴犬リコが本当の家族になりました!

2015年(平成27年)
柴犬リコを保護してから3か月が経ちました。

リコの飼い主らしい人も見つからず、警察に届けを出してやっと6月11日。
待ちに待ってました!!

正直この頃、リコに対して情もでてます。
色々考えて保護しましたが、今となっては手放したくないって思いが募ってました。

虐待をされていたようでもあり、エサも食べていない様子だったリコの飼い主が名乗り出てくるとは考えにくかったのですが、もしって思うとこの期間が長く感じました。

その虐待と思われることで、リコは熟睡して寝ている時、怖い夢を見ているようでうなされます。
苦しそうな鳴き声をあげます。
とっても辛そうに思うので、その時は必ず「リコ~大丈夫よぉ~」って気づいた家族が声をかけるようにしています。

そしたら、リコは耳をペターと下げてとっても嬉しそうな顔で起こした家族の顔をペロペロ舐めるんです。

それと、ドアのガラガラって音にもすっごく怖がります。
怖がって、隅っこに隠れようとします。

長い棒状のようなもの、例えばカサや、ゴルフクラブ、ホウキなどを見ても怖がります。

こんな様子を見ていると、私の勝手な妄想ですが、リコは外に繋がれっぱなしで散歩にも連れて行ってもらえず、鳴くとドアを開けて棒で殴られていたのではないか??と思ってしまいます。あくまでも、妄想ですが。

こんなにかわいい子が、どんな辛い思いをしたのかと思うと胸が締め付けられるような思いになります。

一日も早く辛い思い出を忘れるようになったらいいなって思います。

なので、飼い主が名乗り出てくることは考えにくく、無事に6月11日がやって来ました!

とっても嬉しかったです♪♪
これで、晴れて家族になりました!

リコの誕生日は、家の家族になった6月11日にしました。

リコ~これからもよろしくね♪
リコ 当時推定年齢4才(人間年齢32才)